血行不良による足のしびれ・手のしびれ。血行不良が原因で起こる足のむくみ。

色々試してみたけど、なかなかむくみやしびれが取れない
と悩んでいる人、少なくありません。
当サイトも検索から訪問してきてくださる方のほとんどが
足のしびれ」に悩んでいる人が多いのです。

その原因となる血行不良を改善することで、むくみ・しびれ・肩こり・冷えなどが解消されるのです。
食生活・日常生活に気を付けて、上手にサプリメントを摂ることで
血行不良の改善をしませんか?

しかし、血行不良サプリメント、といってもいろいろな販売メーカーから多くの種類が販売されているため、
どんなものを選べばよいのか、悩んでしまうかもしれませんね。

そこで当サイトでは、今売れてる血行不良サプリメントをランキングでご紹介しています。
「何か血行不良に良いサプリメントはないかな・・」
と悩んだ時の参考にしてください。

血行不良によるむくみ・コリ・冷え・しびれ 改善・緩和サプリメント 人気ランキング

血行不良,改善,サプリ高麗美人
kohrai8
高麗美人は古来からの漢方「高麗人参」を使用して作られためぐり改善系の漢方系サプリメントです。
血流をスムーズにし、血行改善の効果があるため、めぐりが悪くなる状態から起こる不調をサポート。
高麗人参はそのまま何も煎じたりせずにかじると、とてもじゃありませんが苦くて食べることができません。この苦味こそがサポニンが豊富に含まれている証です。
サポニンには、全身のめぐりをサポートする働きがあるため、めぐりを整えることで理想的な健康に導いてくれます

1袋62粒(約1ヵ月分) 通常価格 3,024円⇒定期コース 2、720円(税込)
*2か月ごとに2袋お届けコースはさらにお得な 1袋 2,570円(税込み)
>>高麗美人の公式サイトで詳しく見てみる

icon-medal-2-32 (2)トコフェロンEナチュール
血行不良サプリ
トコフェロンEナチュールは
手足のしびれ・首、肩こり・冷えなど血行不良から起こるつらい症状を改善緩和する医薬品です! 血液ドロドロ状態を改善・緩和し、サラサラ血液にしてくれるのが「ビタミンE」。食事から十分に摂りきれないビタミンEを摂取できる医薬品として造られたのがトコフェロンEナチュールです。トコフェロンナチュールは第三医薬品として厚生労働大臣からの認可を得ています。トコフェロンEナチュールは体のすみずみに酸素と栄養素を供給し、末梢血行障害による肩・首すじのこりや手足のひえ・しびれなどによく効く医薬品です。

通常価格 3,888円初回限定 980円

>> >>トコフェロンEナチュール詳細はこちら

血行不良,改善,サプリきなり
血行不良,サプリ
きなりは、DHA・EPAとナットウキナーゼの力で血液をサラサラにする効果が期待できるサプリメントです。
DPA・EPAの1日の摂取目安量は1000mg。これは魚中心の食生活を送っている方でも厳しい量なんです。
きなりは1日4粒で500mgのDHA・EPAを摂ることができ、1日の半分の目安量をサプリメントで補うことができますよ。
また、魚臭さもブロックしているので、今までのDHA・EPAサプリはにおいが苦手で・・・という方でも飲みやすいと評判です。
DHA・EPAの含有量もトップレベルで血行不良の改善効果も期待できます。

初回限定で通常価格から67%OFFの1,980円で購入できる特別モニター毎月お届けコースは、毎月先着500名様限定のキャンペーンです。

サプリメント「きなり」 1か月分120粒入り(1日4粒)
先着500名限定定期コース 通常価格 5,695円⇒初回67%OFF!キャンペーン実施中 1,980円
>> >>きなりの公式サイトはこちらから

血流が悪くなる原因となる症状

血行が悪くなる原因を特定することによって血行不良を改善することに役立ちます。
該当項目があるか確認してみましょう。
以下のものは血行不良になる代表的な原因です。

  • 運動不足による筋肉の衰え
  • 体の冷え
  • 日常生活や仕事によるストレス
  • 低血圧
  • 血管の硬化
  • 血管内の詰まり
  • 赤血球や鉄分など血液成分の不足
  • 脱水状態
  • 自律神経の乱れ
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 血行不良から起こる症状

    血行不良になると、体内に様々な悪さをし、いろいろな症状が現れるようになります。
    肩や関節の痛み、冷え、肌荒れ、むくみなどが主な症状として現れます。
    また、むくみの場合にはむくみ方によってはただ単に血行が悪いだけではなく、病気が潜んでいる可能性もあるため、注意が必要となります。

  • 全身にむくみが現れる場合・・・腎臓に病気の可能性
  • 脚にむくみが現れる場合・・・心臓疾患の可能性
  • お腹のむくみ・・・肝臓に病気の可能性
  • 肌を押したときに弾かれるほどのむくみ・・・甲状腺の病気の可能性
  • これらのむくみ症状にあてはまった方は、早い段階で病院での受診をおすすめします。

    血行不良になることによる体への影響

    血行の働きは、心臓から出発した血液が血行によって酸素と栄養素を体の隅々まで運び、戻ってくるときには不要な二酸化炭素や老廃物を回収することにあります。
    血行不良になると、体内に栄養が行き渡らないだけではなく
    不要な老廃物も体内に溜まってしまい、体がだるくなってしまいます。

    また、毛細血管も劣化してしまい、各栄養素を細胞に届けることができなくなってしまいます。
    そのため、とても疲れやすくなるのです。

    ちなみに、人間の脳は人体の重さ2%しかありません。
    が、体内にある約20%もの酸素を消費する部分です。
    これは体内のどの細胞よりもはるかに高い代謝率であり、酸素の供給が滞れば、細胞が壊され、脳疲労が起こり、認識力も低下してしまうことにつながってしまいます。

    自分で自宅で簡単にできる血行チェック!

    誰でも自宅で簡単にできる血行チェックをしてみましょう。

    以下のような身体の症状を感じる方は、血行不良の可能性があります。
    血行促進を意識した生活をしてみましょう。

  • 手足が常に冷えている(季節問わず)
  • 平熱が36℃以下
  • 血圧がいつも低い
  • 夜中にトイレに行くことが多く、目覚めもスッキリしない
  • 運動をしても汗が出にくい
  • ちょっと動いただけでも動悸が息切れがしてしまう
  • 肌や唇のくすみが気になる
  • 目の下にクマができやすい
  • 爪が乾燥して割れてしまうことがよくある
  • イライラしたり集中力が低下気味
  • 疲れっぽい
  • 頭痛や肩こりになることが多い
  • 耳を前に折ると激痛が走る
  • 胃もたれすることが多い
  • 便秘や下痢など腸の調子が不安定
  • 脚にむくみがある
  • 生理痛がひどい
  • セルフチェックの結果、「あ、やっぱり血行不良気味なんだ」と感じた方や、血行不良の可能性がある方には
    血行を良くするサプリメントがおすすめです。

    血行不良の改善は、その効果が目に見えてわかるわけではありません。
    そのため、ウォーキングや食生活の改善を行っても、途中で挫折してしまう人は少なくありません。
    その点、サプリメントであれば、毎日カプセルや錠剤を飲むだけですから挫折要素がウォーキングや食生活の改善よりもぐっと少なくなります。

    心臓の血行チェック

    心臓の血流が滞ってしまうと、不整脈や狭心症、また、そのまま放置していると
    心筋梗塞や心不全といった命に関わるリスクの高い病気を引き起こしてしまう原因になります。

    心臓の血流チェック法

    5秒間ほど、足の甲を指で押してみましょう。
    指が離れた後に、きちんと元に戻れば大丈夫です。
    指を戻しても、くぼみがそのまま残ってしまう場合には、何かしらの異常が心臓にあるかもしれません。
    ただ、腎臓や肝臓障害があるときにも同じようになることああるため
    十分に注意をすることが必要です。
    不安があれば病院に診察するようにしましょう。

    脳の血行チェック

    脳への血流が悪くなると、物忘れをしてしまうことがたびたび増えたり
    ひどい場合になると脳卒中を引き起こしてしまう原因になります。

    脳の血流チェック法

    鏡の目の前で人差し指を左右にゆっくりと動かし、顔は動かさずそれを目だけで追います。
    そして指を止めたときに、指がはっきりと1本に見えれば問題はありません。
    しかしダブって見えたり、残像が残って見えるような場合には注意が必要です。

    首の血行チェック

    首の血流が滞るとめまいや意識障害、失神などの症状につながることがあります。

    首の血流チェック法

    首を15秒間くらいずつ、左右に向けてみてください。
    何も感じなければ問題はありません。
    脳と同じように、残像が見えたり、ものがダブって見える場合は要注意です。
    首への血の流れが滞ると、めまい、失神、意識障害を起こしてしまう原因につながります。
    めまいはなくても何となく違和感があるという方は血流を良くするために、首の筋肉を鍛える、など行いましょう。

    腎臓の血行チェック

    腎臓の血流が滞ると高血圧、腎不全、貧血や尿異常などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。
    高血圧がすすむと視界の一部が欠けて見えるような症状に陥る危険性もありますから、注意が必要です。

    腎臓の血流チェック法

    新聞紙を広げ、中央部分に直径2,3cmくらいに円を描いてください。
    新聞紙がなければ大きさ縦54.5cm×横82cmくらいの紙でもOK。
    赤いマジックで新聞紙の四隅の自分の名前を大きく書いてください。例えば、山田花子さんであれば四隅にそれぞれ「山」「田」「花」「子」と書きます。
    片目で中央に書いた円を見つめ、紙の四隅の赤く書いた文字がはっきりとまでは見えずとも、何となく書いてあるな程度ですべて見えれば問題はありません。
    しかし、視野の中に一画でも文字が目に入ってこない場合には「眼底」という箇所に異常が起きている可能性が考えられます。

    肝臓の血行チェック

    肝臓への血の流れが悪くなると、疲れを感じやすくなったり、肝機能の低下が原因から大病を引き起こしてしまう可能性があります。
    肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、何かあっても自覚症状を感じにくい部位なので、十分に注意するようにしましょう。

    肝臓の血流チェック法

    鏡の前に立って、顔をよく見てみましょう。
    頬周辺に血管が蜘蛛の巣状に赤く浮いている場合には十分な注意が必要です。
    これは「クモ状血管腫」というもので、毛細血管が拡張したことによって、体内にあるエストロゲンが肝臓で代謝できない状態をさします。
    胸や手のひらでも同じ症状が起こることがあります。
    また、吐血やおへそ周辺の血管が浮くといった症状がある場合には肝機能障害の可能性がありますから、すぐに診察を受けるようにしましょう。

    血流が悪いと様々な病気の原因になりやすい

    血流が悪いと、さまざまな症状を引き起こします。
    すぐにでも治したい!と思うことも多々ありますよね。

    hiesyou_woman特に女性は冷え。身体の悩みとして上位にあげられるのですが、実際に健康上の大きなリスクでもあるため、早めに改善したいもの。
    冷え性と言いますがその実態は体の熱生産力や中心温度そのものが低いと言うことはほとんどなく、
    現代人の冷え性はそのほぼ全てが熱の分散がうまくいっていない事によります。

    そのためこれらの血流改善サプリメントは速やかに体温を末端に分散させ、
    末端の温度が低いことによる諸症状を改善させるでしょう。

    ただし、長期的に血流を改善させる取り組みも平行して行っていく必要があります。
    適度な有酸素運動を行ったり脂質の過剰摂取をやめる、血管を収縮させる喫煙をやめるなどを総合的に行い、体が本来持っている血液循環能力を取り戻し根本的な末梢血行障害改善に取り組まなければなりません。

    血行不良改善サプリメントとは

    血行不良は様々な要因から起こります。
    その状態を改善するので、血行促進をするサプリメントを摂る。ということになります。

    血液は心臓から出発し、心臓にまた戻ってくるのですが、
    出発する時には酸素や栄養を一緒に運び、体の隅々まで運びます。
    しかし、血行が悪くなると、上手に隅々まで運ぶことができず、結果、血行不良となってしまいます。

    血行促進・血行の改善には

    運動や温熱療法・ヨガ・整体・ツボなどいろいろな種類がありますが、忙しい日々だったり、体の調子が悪いときなどは運動も難しいもの。
    そんな時に利用したいのがサプリメントの役目です。

    ビタミンやミネラルなど、食事だけでは賄いきれない栄養素の補給などが手軽にできるのがサプリメントの大きなメリット。
    ドラッグストアや通販だけではなく、スーパーやコンビニなどでもサプリメントは購入できますし、血行改善サプリメントももちろんあります。
    血行不良から起こる筋肉のコリや、冷えなどにも悩まされている人もちょっと手に取って購入したことがあるのではないでしょうか。

    とはいえ、サプリメントはあくまでも栄養補助食品なので、サプリメントさえ摂っていれば血行が改善するということはありません。
    やはり食生活の見直し、生活習慣の見直しは必要になります。

    血行不良に対して効果的な成分

    ドロドロ血をサラサラにする成分

    DHA・EPA(オメガ3系脂肪酸)

    血行を改善するサプリメントの成分としてあげられるのが
    ドロドロ血をサラサラにするDHA・EPA(オメガ3系脂肪酸)です。

    DHA・EPA(オメガ3系脂肪酸)は魚に豊富に含まれているのですが、人体内で生成することができず、食品から摂るしか方法がありません。
    DHA・EPAがそのままの形で含まれていて、直接摂ることができるのは魚介類からのみで、特に青魚に多いのです。
    厚生労働省では成人の1日のDHA・EPA摂取目安量は1000mgと定めているのですが、この量、毎日摂るのは難しい量です。

    (例:さんま1匹の可食部でDHA/EPAは700mg程度。)
    魚肉100g中の含有量、DHAとEPAの含有量を代表的な魚で比較してみました。


    魚の種類

    DHA

    EPA

    マグロ

    2,877mg

    1,288mg

    ブリ

    1,785mg

    898mg

    サバ

    1,781mg

    1,214mg

    ウナギ

    1,332mg

    742mg

    マイワシ

    1,136mg

    1,381mg

    これらのお魚を摂ることで、毎日の目安摂取量1,000mgを満たすのが理想ですが、さすがに毎日お魚は飽きます。

    そこで、血行改善には、サプリメントで足りない量を補うのが簡単でおすすめなのです。

    ナットウキナーゼ

    名前の通り、納豆由来の酵素であるナットウキナーゼ。
    ナットウキナーゼには血栓を溶かす働きと血小板の凝縮を抑える働きがあるため、血栓自体をできにくくする作用も期待できます。

    活性大豆サポニンB型

    サポニンは大豆に含まれる成分で、特に活性大豆サポニンB型には赤血球の老化を抑制する働きがあることがわかっています。
    赤血球は中央が凹んだ円盤状の形をしているのですが、その形を変えながら自らの直径よりも細い毛細血管などを通ります。
    しかし赤血球の細胞膜は加齢とともに硬くなってしまうため、スムーズに流れにくくなり、ドロドロ血液の原因になってしまいます。
    活性大豆サポニンB型は赤血球の老化を抑制することで柔軟性を保ち、血液をスムーズな流れにするのに役立ちます。

    スムーズな血流に役立つ成分

    いちょう葉

    血管は、拡張と収縮を繰り返し血液を体の隅々まで送り届けます。
    拡張を促す役割を持つ一酸化窒素は活性酸素により傷つけられ、酸化しやすいといった性質を持っています。
    いちょう葉に含まれるフラボノイドは、強い抗酸化作用から細胞を老化させる活性酸素を除去します。
    一酸化窒素を正常に働かせスムーズな血流を保ちます。
    また、血管は活性酸素やウイルスによる刺激で傷つくと血小板活性化因子によって活性化した血小板が凝集して出血を止めます。
    しかし血小板活性化因子が過剰に働くと血栓ができやすくなり血流が悪くなります。
    さらに血小板活性化因子は血液中の水分を血管の外にしみ出させてしまう働きがあり、ドロドロ血の原因になります。

    ビタミンE

    末梢血管を広げ、血行を促進する働きもあるため、血行不良による冷え、肩こりなどの改善が期待できます。
    さらに強い抗酸化作用を持つので過酸化脂質の生成を抑えることで細胞の老化を防ぐ働きもあります。
    血液中のLDLコレステロールの酸化を食い止め動脈硬化などの生活習慣病予防にも役立つ成分です。

    高麗人参

    高麗人参には、エネルギー源となる糖質をはじめ、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、など数多くの成分が含まれています。
    中でも高麗人参にしか含まれないサポニン「ジンセノサイド」は血管拡張による血流量の増加が報告されています。
    近年でも研究は続けられ、動脈硬化に深く関わる血小板凝集抑制、赤血球変形能の維持、末梢血管拡張といった作用があり、血液をサラサラにすることがわかってきました。
    また、血行を促進することから更年期症状の手足の冷え、めまい、肩こりなどの改善に対する研究もおこなわれています。

    血行不良サプリメントが必要なときとは

    血行不良になると、体も不調になります。
    体温が下がれば、身体は冷えます。
    身体が冷えると、筋肉が固まり、酸素の活動が低下してしまうのです。

    怪我をしたときに血が出ますが、空気に触れるとすぐに固まり始めます。
    これは体温よりも体の外のほうが気温が低いからです。
    つまり、体内温度が38度、体温計で計測した場合には体温が37度程度はあったほうが血行促進という意味合いではよいのです。

    また、体温が低下すると身体の中の脂肪が固まっていきます。
    お肉などを炒めて、そのままにしておくと冷えて白く固まるのと同様です。

    このようなことが体の中で起これば、血液の巡りが悪くなる、つまり血行が悪くなり、身体の様々な場所に栄養素や酸素を届けることが難しくなってしまうのです。
    これが血行不良によって身体に不調が起こる、ということです。
    こういったことを改善するために血行不良改善のためのサプリメントは必要なのです。

    もちろん、適度な運動や食生活の見直し、生活習慣の見直しは必要です。
    そこにサプリメントを加えると、改善の補助パワーが加えられる、ということなのです。

    上手に血行改善サプリメントを利用して、健康維持にお役立てくださいね。