最近、脳梗塞を起こしてしまうアーティストやタレントのニュースがよくみられます。
老人?という年代ではない人が多く、「えぇ~!」と驚くこともありますよね。

日本人の死因トップ3は第1位が悪性新生物(ガンなどですね)2位が心疾患、3位が脳血管疾患です。
これらは高齢者に多いといわれていた病気なのですが、近年では若年層の脳血管疾患のひとつである「脳梗塞」が増えてきているのです。

なぜ若年層の脳梗塞が増えているのか、またどうすれば脳梗塞の予防ができるのか、ここでは書いていきたいと思います。

若年層に起こる若年性脳梗塞

脳梗塞というのは、脳の血管が詰まり、血流が滞る病気です。
血液が流れなくなった脳細胞は腫れて24時間以内に治療開始しなければ、重大な障害や命に関わる危険性が出てきてしまいます。
血管が詰まった脳細胞は壊死が起こり、その部位が司る機能が働かなくなります。

脳梗塞が60代以上の高齢者に起こりやすい理由には
年齢による動脈硬化が起こりやすくなっていること。

ところが、まだ若い20代~50代でも脳梗塞が起こることはあります。
これが若年性脳梗塞です。
若年性脳梗塞はこの10年間で1.5倍にも増加しているという恐ろしい報告もあります。

20代~50代の若年性脳梗塞が増えている理由

脳梗塞が若年層に増加している理由は生活習慣病の低年齢化が関係している、と言われています。
若年層に動脈硬化が増加し、昔は中高年以上の代表的な病気だった脳梗塞の発症年齢が低年齢化してきているんです。

その理由はずばり「不規則な生活」「栄養バランスの偏った食生活」「ストレス」

昔と比べてライフスタイルも大きく変わりましたよね。
私が小さい頃は、夜の11時ともなればあたりは真っ暗だったのですが
今は24時間営業のコンビニや、ファミレスなどもありますし、手軽に食べられるファーストフードもあります。
時間に限らず「お腹がすいたな」と思ったら手に入ってしまう便利な生活です。

その結果、食が豊かでも自ら選べる利便性が偏った栄養バランスを招いてしまうのです。
便利すぎる世の中もまた、ストレスを生み出している部分もたくさんありますよね。

また、若いからと油断して不摂生な生活を続けていれば、いつ生活習慣病になってもおかしくないのです。
現に・・・私の知り合いも39歳の若さで脳梗塞になり命を落としています・・・。

生活習慣病は自覚症状がないため、中高年のように「ちょっと健康に気をつけなくちゃ」という意識も低く、見過ごすことが多くなってしまいます。

お子さんのいる家庭や、20代~30代の方でも
若年性の生活習慣病は珍しいことではない、ということを意識し、常に規則正しい生活習慣や食生活を心がけてください。
特に以下のような対策を心がけてくださいね。

  • 動物性脂肪を摂り過ぎない
  • 喫煙しない
  • 適度な運動を行う
  • 日頃から水分をこまめに摂る
  • 普段からこの4つを意識するだけでも大分変ってくることと思います。

    若年性脳梗塞の原因とは

    若年層の場合、高血圧、糖尿病や動脈硬化、高脂血症といった脳梗塞を引き起こすものがなくても脳梗塞を引き起こしてしまうことがあります。

    脳動脈解離

    若年層の若年性脳梗塞で多いとされているのが「脳動脈解離」です。
    これが外部からの衝撃により動脈の壁の内側が剥がれ2枚に裂けてしまうもの。
    脳動脈解離が起こった部分は血液が流れにくくなり、脳梗塞へと進行しやすくなります。

    ボクシングなどで若い方が脳梗塞で亡くなる時には、脳動脈解離が多いといわれ、
    ほかにも、交通事故やゴルフなどの首をひねることの多いスポーツ
    スポーツによる転倒事故
    などから起こることが多いのです。
    seatbelt_no
    また日常生活の動作で首を思いがけずひねってしまったときに起こることがあります。
    首をボキボキ鳴らす癖も良くないといわれていますが、脳動脈解離を防ぐためには脳血管に刺激を与えない事が基本的な予防です。

    スポーツや日常生活の何気ない動作を完全に避けることは難しいですよね。
    たとえばスポーツで相手と衝突してしまう、ということはたくさんのスポーツであり得ることですし、羽生選手も脳震盪を起こしたことでもわかりますよね。

    スポーツなどで衝撃があり、頭痛が起きた場合にはすぐに医師に受診することが大切です。
    脳動脈解離が起きていても無症状である、という場合も多いのですが、事故や外傷の後でひどい頭痛が起きたら、脳動脈解離または脳卒中に進行している可能性も考えておいたほうがよいでしょうね。
    脳動脈解離自体は内科治療や手術により治療することができます。
    必ずしも脳梗塞になる、というわけではありません。

    エコノミークラス症候群(脳血栓閉塞症)

    静脈でできた血栓によって起こる病気の一つに「エコノミークラス症候群(脳血栓閉塞症)」があります。
    飛行機のエコノミークラスで多発することからこう呼ばれていますが
    飛行機に長時間同じ姿勢で乗り続けることで、圧迫された下肢の血行が滞り、血栓ができてしまうことで起こる病気です。

    脳血管で詰まると脳梗塞となってしまうため、飛行機をよく利用する人は特に注意してくださいね。
    ・長時間同じ姿勢を続けないこと
    ・水分をたくさん摂ること
    ・適度に足を動かすこと

    を意識してみてください。

    もやもや病

    歌手の徳永英明さんが罹った病気で有名になったもやもや病。
    もやもや、という表現は細い脳血管の影がタバコの煙のようにもやもやっと網状に見えることからもやもや病と言われるようになりました。
    このような細い血管網は脳の血流が不足したときに生じるものです。

    血行不良を解消しようと、脳に細い血管が構築されてしまうんですね。
    脳出血の経験が原因で起こるもので、子供の場合には遺伝子が影響している、と言われています。
    細い血管は弱く、脳出血や脳梗塞を起こしやすいため、もやもや病が発覚した人は適切な治療を行わなければなりません。
    もやもや病の特徴は脳の血流が不足した際に起こる一時的な症状です。

    熱いラーメンにフーフーと息を吹きかけた時
    楽器を吹いた時
    スポーツをした時
    激しく泣いた時(小児)

    このような行為をしたときに

    手足の脱力や麻痺がおこる
    激しい頭痛が起こる
    物がゆがんで見える
    色が識別できなくなる

    といった症状が起きたら、もやもや病の可能性がある、と考えてください。

    もやもや病?と私も思っていたのですが、大人であれば誰でも脳出血からもやもや病を引き起こしてしまう可能性を持っています。
    脳出血の引き金になる高血圧や糖尿病・高脂血症・肥満を防ぎましょう。

    早目に気づいて受診することが大切

    脳の病気はとにかく早く受診することが大切です。

    脳梗塞を放置すると脳細胞が壊死し、大きな脳機能障害を起こしてしまいます。
    一度壊死した脳細胞は二度ともとに戻ることはありません。
    脳梗塞かもしれない・・・と思ったら、とにかくすぐに救急車を呼び病院に行くこと。

    私の知り合いのケースでは本人は脳梗塞だと思わず、気持ち悪い、ふらつきがある
    ということで徒歩で病院まで行きました。
    病院で診察後、入院となりましたが、そのまま意識を失い
    一週間後には亡くなってしまいました。

    また、もう一人のケースですが、脳梗塞を起こしている、と思わず
    高血圧の治療のため、飲んでいる降圧剤がきっかけとなり、指を切ったら血が止まらなくなりました。
    救急車を呼び、病院で念のためと脳のCTを撮ってもらいましたが異常なし、と言われ
    3日後、かかりつけの病院で再度診てもらうと脳梗塞になっていたのです。
    24時間以上経過しているため、脳の腫れが引くかひかないかで予後が変ってきます。
    と言われました。
    この際見てもらったのはMRIです。

    CTでは脳梗塞がわからないことがあるのだそうです。

    このように脳梗塞の発作は突然に起こります。
    周囲に脳梗塞に対しての知識がないと、まわりも本人も大したことがない、と見逃して取り返しのつかないことになりかねないのです。

    実は脳梗塞が起こる前には「一過性脳虚血発作」という軽い脳梗塞のような前兆がみられることも多いのです。もし注意深く症状を観察することができていれば、脳梗塞に気づくチャンスとなります。

    そしてこの時点で治療すれば、脳梗塞を防ぎ後遺症を残さずに回復することも可能です。一過性脳虚血発作には次のような症状があります。気づいたら至急受診するようにしてください。

    一過性脳虚血発作の症状

    めまい・ふらつきが起こる
    手足の力が抜ける
    体の片側にしびれや麻痺が起こる
    顔の片側がゆがむ
    ろれつがまわらない
    物が二重に見える
    視野が半分欠ける
    食べ物が飲み込めない
    言葉が出てこない
    人の言葉が理解できない
    腕を上げようとしても腕が上がらない、「イー」と発音すると左右の口の高さが違う、「らりるれろ」を連続して言うことができないといった場合、一過性脳虚血発作の可能性が高いです。この発作は1回に付き10分くらいで自然に消えてしまいます。

    そのため、中には単なる疲れや飲酒による酔いと勘違いされる症状もあります。しかしそのまま放置すると、数日~数ヶ月以内に脳梗塞を起こす可能性が高くなってしまうので、症状が繰り返し起こるようなら危険だと判断するべきでしょう。

    若者は後遺症に注意したい脳梗塞

    脳梗塞で一番怖いのは後遺症です。
    日本ではなた霧になってしまっている人の3割が脳梗塞の後遺症によるものです。
    若くして脳梗塞になり後遺症が残ってしまったら・・・その後の長い人生に大きな負担がかかってしまいます。
    hanshin_mahi
    この記事を読んで、若年性脳梗塞が不安になった方は健康管理を行い、もし思い当たる症状がある方は、すぐ脳卒中科または神経内科、脳神経外科など専門科の受診をおすすめします。

    血行不良から起こる肩こりや冷え、手足のしびれに悩んでいませんか?
    血行不良は体に様々な弊害をもたらしてしまいます。
    そんなときにお役立てください。

    >>血行不良サプリメントランキングはこちら