漢方の世界観では「血液の流れ」はとても重要視されています。
血の巡り、ですね。

血液の巡り、循環が良いことは健康のバロメーター。
血行不良は病気の原因、とも言われています。

生活習慣病のほとんどは血行不良が原因と言っても過言ではありません。
それほど、血の巡りは大切なのです。

血行不良から病気になる理由

人間の血液量は体重の1/13.
体重60kgの人で4,500㏄の血液を保有しています。
そして心臓は1日に10万回もの鼓動を繰り返し、毎分約5ℓ、1日にするとドラム缶40本もの血液を身体中に送っています。

毛細血管も含め、全身の血管をつなげると10万km(地球を約2.5周)にも及ぶ、と言われています。
血管の中を流れる血液は生命維持に必要な酸素や二酸化炭素、栄養素、ホルモンや免疫物質などを運んでいるんですね。

血流が止まると、人はすぐ死んでしまいます。
最初に酸欠で脳が5分で死に、全身の組織も死を迎えてしまいます。
ですから、血流はもっとも重要な働きをしている、といっても過言ではありません。

これだけ重要な血流なので、血行不良は生活習慣病のような様々な病気の原因となるんです。
軽いうちは肩こり、首のこり、関節痛といった程度の症状ではあるものの、慢性的な血行不良は動脈硬化を進行させ、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関係するほど重大な病気にもなりかねないのです。
ketsuatsu_syuusyuku_kakuchou

近代文明が現代人の血液循環を悪くした

現代人に多い血行不良の原因は利便性と言っても過言ではありません。

特に交通機関の発達。電車やバス、新幹線、飛行機、車、バイクなどの移動手段は足を使う機会を減らしているともいえるもの。
交通機関が発達する前の文明は歩くこと、走ることは生活では当たり前のことでした。
それ以外に移動手段はありませんでしたしね。
そのため、普段の生活がイコール運動量とし血行不良になることもなかったのではないでしょうか?

もちろん暖房などはないため、冬は寒いかもしれませんが
普段から歩く、走ることをしていたから血行不良になることもないわけです。

しかし、現代人は「皇居マラソンがブーム!」と取り上げられてしまうほど、走ることを意識してしなければ走らない状況になっています。
つまり、意識して、運動をしなければ全く運動をしていない状態になっている、ということです。

これでは血行不良の改善どころか、血行不良ではない方もいずれはなってしまう状況です。

ですから、血行不良の改善・緩和にはやはり一番ベストなのがウォーキングです。

ウォーキングがなぜ血行改善になるの?

ふくらはぎは第2の心臓と言われています。
人間は日中、重力の影響を受けて、足に血液がたまりがち。
夕方になるとむくむのは、足に血流がたまるせいです。

そのふくらはぎが第2の心臓としてのポンプ機能により、心臓へと血流を促します。
ふくらはぎが働くことで身体全体の血行を促します。
ふくらはぎが心臓のポンプ機能として働くのは、歩く時です。

歩くとき、ふくらはぎの筋肉が収縮します。
収縮するときに、筋肉の中の静脈弁の働きから血液を心臓へぐぐっと押し流してくれるのです。
ですから、歩くことでふくらはぎが働き血行改善、血流促進になるのです。
walking_man

ひと工夫するだけで数倍の効果をもたらす奇跡の歩き方

ただ歩くだけでもある程度の効果はありますが、さらに効果を!と望むとなればスピードを上げるか、ウォーキングからジョギングに・・・と結局ハードになり長続きできませんよね。

しかし、スピードや距離を替えずにほんの少し歩き方を変えるだけで、それまでの数倍も血行を良くする科学的な歩き方があります。

上でも書いたようにふくらはぎにはポンプ作用があります。
このポンプ作用は筋肉が収縮したときに上に血液がどっと送り出されます。
歩く動作の中で言えば、つま先が地面を離れる瞬間です。

そのつま先が地面を離れるときに、つま先を後方にはじくようにするだけ。
この動作を左右交互の足で繰り返して歩くだけです。

アスリートは、こういう動作を競技の中で行っていますよね。
ボクシング、空手、テニス、フィギュアスケート、スピードスケート・・・などなど
足を使い、瞬発力が必要なスポーツの選手は必ず意識せずとも、
この動作を行っています。
だからこそ、心臓が強い・・・のかもしれませんね。

血行不良から起こる肩こりや冷え、手足のしびれに悩んでいませんか?
血行不良は体に様々な弊害をもたらしてしまいます。
そんなときにお役立てください。

>>血行不良サプリメントランキングはこちら