血行不良,肌老化

血管の老化から動脈硬化が起こる

血行不良から肌細胞が酸素不足・栄養不足になることをご存じですか?

肌細胞に必要な栄養素や酸素を運ぶのは血管の役割。
手足の末端にいたるまで、全身どこをとっても血管が張り巡らされており、心臓から送り出された血液を運び、また戻す。
これがずーっと延々行われています。

が、血管も当然、老化するため加齢や生活習慣の影響を受ければ硬く脆くなるのです。

硬くなる血管。それがいわゆる【動脈硬化】です。

動脈硬化だけじゃない 肌にも大きな影響する血行不良

血管はコラーゲンでできています。
若いころはコラーゲンもたっぷりと保持していますから、血管もしなやかで弾力があります。
が、年を取るとともに糖化してしまい組織が劣化・変性してしまうのが血管の老化の一番の原因です。

血管が老化し、肌細胞に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなれば
当たり前のこと、肌本来が持つ機能にも影響が起こります。
たとえば肌の新陳代謝(ターンオーバー)の狂いやコラーゲンの生成量が減るということになるのです。

また、不要になった二酸化炭素や老廃物の回収もままならなくなるため、結果、肌老化が促進されてしまうのです。

顔がくすんで見えるのも実は血流量が影響しています。
顔が赤いと「血色がいい」など言いますよね。
ですから、血流が多ければ多いほど顔のトーンは明るくなります。

疲れているときや寝不足のときなどは顔色が悪いといいますよね。
疲れているときや加齢によっても血流量は減ってきてしまうため、それが透明感の喪失や肌がくすんで土気色になる要因の1つなのです。

血管の老化というと、動脈硬化や高血圧、脂質異常症といった
生活習慣病をイメージしますが、肌とは関係ないんじゃない~?と思いがち。
しかし、血管が老化すれば、このような生活習慣病だけではなく、肌老化はもちろん、肌トラブルに直結してしまうというわけです。

ちょっとした生活習慣の乱れ程度でも毛細血管は変形したり
血流が減少してしまいます。
そうすれば、末端の血管まで栄養や酸素が行き渡らなくなり
その影響が顕著に表れます。

「スキンケア効果がどうも感じられない」

という場合には、血管や血液に問題はないかどうかチェックしてみましょう。

血液と血管を老化させる5つの要因

血行不良,肌老化
血液の質や流れ、血管の老化は前述したとおり、生活習慣に大きく左右されます。

健康面でのトラブルというのはある程度の年齢になってからではあるものの
美容面に与える影響は、ほとんど年齢は関係ありません。

血管をボロボロにして血液をドロドロにしてしまう要因にはどんなものがあるのか。
それには以下のようなことが考えられます。

  • 食生活⇒糖質や脂質・塩分の摂りすぎ)
  • 活性酸素
  • 運動不足⇒筋力不足
  • 睡眠不足
  • 冷え
  • 糖質の摂りすぎ

    最も気を付けないらなないのが糖質や脂質を摂りすぎてしまうこと。
    例えば糖質を摂りすぎれば血液中に中性脂肪が増えます。
    結果、血小板が固まりやすくなってしまうため、血液もドロドロになります。
    血糖値が上がってしまうのも糖化を促進させてしまいます。

    糖質の多い食事
    糖質と聞くと「糖」がつくため、甘い食べ物を想像してしまいがち。
    でも違うんです。
    日本人はお米文化ですが「炭水化物」にも糖質はたくさん含まれます。
    もちろん、甘いものにも含まれますが、しょっぱいと思うおせんべいにも含まれるのです。

    脂質の摂りすぎ

    脂質の摂りすぎも同様に血液中の中性脂肪が増えます。
    また、塩分は高血圧の下地になるため、余計な負担を血管に強いる原因となります。
    結果、血管の老化を促進させてしまうのです。

    抗酸化成分を積極的に摂っていなければ活性酸素は除去できません。
    つまり、食生活は血管老化の一番の肝なのです。

    さらに、運動不足は筋力の低下を招き代謝が落ちる原因となります。
    体脂肪が増えると血管自体も粘っとしたものになります。

    また、筋肉が収縮するときに血液がめぐることを考えると筋力がないことは血行にとって致命的なデメリットになるのです。

    睡眠不足は寝ている間に血管の修復ができません。
    だからマイナス面・デメリットしかないのです。

    冷えは体温を保とうとするために血流が悪くなります。
    冬だけではなく夏も冷えている人は多いのです。
    夏のクーラーはもちろん、冷たい食べ物・飲み物を摂る機会が多いため、冷えが進みやすく、血流も滞りがちとなります。

    血行不良から起こる肩こりや冷え、手足のしびれに悩んでいませんか?
    血行不良は体に様々な弊害をもたらしてしまいます。
    そんなときにお役立てください。

    >>血行不良サプリメントランキングはこちら