目元,しみ,くすみ,クマ,血行不良
くすみやシミ。目元のクマや乾燥・・・。
毎日きちんとスキンケアしているのになんでなかなか肌トラブルが落ち着かないんだろう?
と感じたら、血行不良が影響しているかもしれませんよ。

肌トラブル以外に
冷え・生理痛・むくみ・肩こり・頭痛や腰痛
このような症状に悩まされていたら、血行不良が肌トラブルをも招いている可能性が高いのです。

肌トラブルや身体のちょっとした不調。
病院に行くほどでもないし・・・と放っておくと大変なことになりかねないのが血行不良なんです。
血行不良の原因、そして肌にどんな影響を与えているのでしょうか?

血行不良とは?

血管には大動脈といった太いものもあれば、毛細血管のようにとても細いものもあります。
これらが全身に張り巡らされ、休むことなく栄養と酸素を運んでいることで、私達人間の身体は生きていけるのです。

そして、この血管は硬くなることなく、適度な柔らかさを保っていることが理想的な血管の状態です。
そして血管に流れる血液の成分や血圧が正常であること。

血管の働きや身体を上手に機能させる働きを担うものが自律神経です。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つが上手にバランスよく働くことで健康的な生活を送ることができるのですが、何らかの原因によって自律神経が乱れると血管が収縮し血行不良になってしまうのです。

血行不良になると栄養が必要なところに十分に届かなくなるため様々な不調が引き起こされるのです。

血行不良の原因とは

血行不良の起こる原因はひとつではありませんが、一番代表的とも言われるのが運動不足。
適度な筋力がなければ全身に血液を運ぶパワーが不足してしまいます。

特に、毎日デスクワークで長時間同じ姿勢でいたり、家でゴロゴロしているだけだと血の巡りが悪くなりがちです。
さらに汗をかかない生活は水分補給も少なくなりますよね。
すると血液はドロドロになりやすくなり、結果的に血液の流れは滞るようになります。

ほかに考えられる血行不良の原因は不規則かつ偏っている食生活です。
脂質の摂り過ぎはドロドロ血になってしまうので血行不良が起こりやすくなります。
血行不良,ドロドロ血

注意したいのは脂質の摂り過ぎだけではなく
炭水化物やコレステロールの摂り過ぎ。
さらに上で述べた自律神経を乱れさせるストレス。
これらも血行不良の原因になるものなのです。

人の身体が汗をかいたり、心臓がきちんと動くのも自律神経が正常に働いているからです。
この自律神経の働きがストレスによって乱されると血の巡りも悪くなります。

血行不良による肌の老化

血行不良は栄養が必要なところに十分に行き渡らなくなるため
冷えやむくみになりやすくなるのですが、肌にも大きな影響を与えています。

栄養が十分に行き届かないだけではなく老廃物が流れていかなくなってしまうのです。
いわゆる「新陳代謝が悪い」という状態です。
血行不良になると、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、シミやしわ、くすみ、吹き出物、目元のクマ、吹き出物など肌トラブルが起こりやすくなります。

いくら高いスキンケア商品で肌ケアをしてあげても、血行不良が起きていると、肌の内部にきちんと浸透することができなくなります。
すると・・・効果も出にくいものとなります。

悪循環ですよね。
肌の老化を食い止めるためにはきちんとしたスキンケアの前に血行不良が起きていないかを振り返り、血行改善することが第一です。

血行不良から起こる肩こりや冷え、手足のしびれに悩んでいませんか?
血行不良は体に様々な弊害をもたらしてしまいます。
そんなときにお役立てください。

>>血行不良サプリメントランキングはこちら